ふくしまWORKナビ高校生・大学生のための企業ガイドブック2022

企業紹介

  1. ホーム
  2. 企業紹介
  3. 東陽電気工事 株式会社
西郷村
建設業

東陽電気工事 株式会社

スキルアップ支援 専用の研修棟を整備。資格取得支援

企業データ

設立 1965年
代表 代表取締役 石川 格子
資本金 2,500万円
従業員数 6人
認証関係 福島県次世代育成支援企業認証
所在地 福島県西白河郡西郷村字道南西85番地
TEL 0248-22-6262
ウェブサイト http://www.toyodenkikouji.jp/

こんな人におすすめ

  • 電気や配線に興味がある人
  • 技術を身に付け磨きたい人
  • 人から頼られるとやりがいを覚える人
  • 仕事を通して地域に貢献したい人

Appeal Point

地域に「あかり」を灯す技術集団

  • 研修棟を使い、若手は先輩から作業手順などを指導してもらいます。疑問があればすぐに確認でき、技術を確かなものにできるので、実際の現場でも安心して作業できるようになります

  • 公共工事では、電柱に外灯を取り付ける作業も行います。同様の仕事に、防犯カメラ設置、防災無線の設置があります

  • 先輩に相談しながら仕事を行う総務部

  • 高所作業車を使い作業することも

代表メッセージ

技術を一から身に付け 仕事の面白さを感じて 楽しく働いてほしい

代表取締役 石川 格子さん

1933(昭和8)年の創業以来、東陽電気工事は電気設備、通信設備、消防設備の電気工事全般を手掛けてきました。民間工事だけでなく公共工事も多数行っており、信号機の設置、庁舎の維持管理など、県南地方を中心に地域に根差した企業として歩んできました。 2013(平成25)年に、三代目となる私石川格子が代表取締役に就任しました。質の高い提案や施工はもちろんのこと、福利厚生や健康経営など、女性の視点を生かし社員が幸福を感じられる取り組みに力を注いできました。 コロナ禍の中、ワクチン接種にも使える「通院休暇」を昨年から新たに設けました。年間3日あるので、風邪や治療の通院に利用してもらっています。小規模の中小企業ながらも、2021年健康経営優良法人上位500社に与えられる「ブライト500」に認定されるなど、大きな成果も残しています。 今年4月で創業89年を迎えます。創業100周年に向かって、人材育成にますます力を入れ、会社の規模を拡大していきたいと考えています。昨年、会社の敷地内に、実際の作業現場を再現した研修棟を建設しました。若手社員が、現場では先輩に聞きにくいことも、この施設で一から学び確かな技術を身に付けることができます。 弊社だけでなく地域としても、技術者不足が大きな課題となっています。他社の社員も受け入れ、今春から共同で人材育成コースを立ち上げる準備を進めています。新入社員が集い切磋琢磨しながら、仕事の面白さを味わえる環境を作り、自社だけでなく県南地方のさらなる発展につなげていきたいと思います。

人材育成に力を注いで 県南の電気工事は「東陽」

東陽電気工事は、1933(昭和8)年に先々代の石川盛蔵が東光電気工事の白河出張所として創業しました。1974(昭和49)年に二代目石川亘が東陽電気工事に社名を変更。以来、「技術者の魂」を忘れることなく、社員一人一人の技術力を高めることに力を注ぎ、確かな仕事を地道に積み上げてきました。 これまでの実績が認められ、県南地方を中心に民間工事だけでなく、様々な公共工事を受注しています。最近の施工実績を挙げると、パナソニック白河工場の各種電気設備工事、新白河駅前の外灯取付工事、西郷村文化センターの太陽光設備工事、白河消防署西郷分署の電気設備工事など、地域に根差した仕事に取り組んでいます。 東陽電気工事の大きな特徴は、若手社員の人材育成に力を入れていること。その中心となるのが、2021年夏に完成した研修棟です。座学の受講はもちろんのこと、実際の現場を再現した設備を使い、先輩から技術的な指導を受けられます。それまで忙しい現場では、なかなか確認ができなかった作業の手順を、気軽に学べるようになりました。 技術力の向上のために、各種支援制度も充実しています。資格取得に対して、初回の受験料負担や書籍代補助、外部勉強会の受講料補助など、手厚いサポートを行っています。資格取得者には毎月資格手当を給付し、意欲的にチャレンジできる仕組みを整えています。目指すは「県南の電気工事といえば東陽電気工事」と認められる、プロフェッショナル集団です。

より働きやすい環境整備 愛される100年企業へ

東陽電気工事のもう一つの特徴は、福利厚生の充実。社員が働きやすい環境を整備するために、新たに通院休暇を設け、同時に有休の取得率アップに取り組んでいます。また、人生100年時代に向けて健康経営にも力を入れています。「ブライト500」取得のほか、健康セミナー等を実施しており、2021年は大手食品メーカーに依頼し、食生活改善の重要性を学びました。 地域に愛される100年企業へ。プロと認められる人材育成とともに、仕事の楽しさを感じステップアップできるより働きやすい環境整備を行っています。

職員インタビュー

現場には自分なりの 答えを見つけられる 楽しさがあります

基礎から学べる研修棟を活用して、若手社員の達成感を積み重ねていきたい。

工事部 小松 孝行さん
白河市出身 県内の高校卒 入社24年目
質問 1 入社のきっかけは?

父が水道工事を行う設備業を営んでいて、小学校の時からよく仕事の様子を側で眺めていました。工事現場で楽しそうに働く電気屋さんを見て、自分も将来は電気工事に関わりたいと思うようになりました。高校では電気科に進学、卒業後は、求人票に自分のやりたかった仕事が書いてあった東陽電気工事に迷わず就職しました。

質問 2 どんな仕事をしていますか?

照明器具、配線器具の取り付け、それに伴う配線工事をはじめ、電柱の外灯、テレビ、アンテナ、エアコン、防犯カメラの取り付けなど、多岐に渡る電気工事を行っています。信号機設備工事では、交差点などの現場で安全を確保しながら、予定通り作業が進むように現場監督とし指示を出す仕事をしています。

質問 3 大変なことは何ですか?

本当に好きで就いた仕事なので、仕事をしていて大変だと思ったことはこれまで一度もありません。例えば、天井裏の配線工事など難しければ難しいほど、どうやったら美しく仕上げることができるかワクワクしてきます。同業者が見た時に、うなるような出来映えの仕事をしたいと常々思っています。

質問 4 仕事でうれしかったことは?

自分の思い通りに現場が仕上がった時が一番うれしいです。難しい条件下できれいに配線が収まると、なんとも言えない充実感があります。現場の図面はあくまで参考書のようなもの。そこから毎回自分なりの違った答えを見つけていく過程が楽しいです。

質問 5 先輩に言われて心に残る言葉は何ですか?

入社間もない頃に大先輩に言われた「作業現場の仕上げ方は人それぞれ。その中で一番のやり方を自分なりに探しなさい」という言葉です。この言葉を片時も忘れずに、仕事に励んでいます。

About me

料理が趣味で、家でもいろいろな料理を作っています。社員とその家族を招いてのバーベキューでも調理担当として、日頃磨いた腕前を披露しました。

みんなに大好評! ブロック肉の塩釜焼きを振る舞いました。

職員インタビュー

サポートを受けながら 何事にも挑戦して 会社に貢献したいです

後輩から頼られる先輩になれるよう、いつでも笑顔を忘れずに頑張っていきます!

総務部 富樫 葵さん
岩手県大船渡市出身 県外の大学卒 入社1年目
質問 1 入社のきっかけは?

私は就職活動の際「オファーボックス」という就活サイトを使っていたのですが、初めてオファーをもらったのが東陽電気工事でした。コロナ禍に対応して、オンライン選考を行っていたことも大きかったですね。モニター越しでも人あたりが良いのが伝わってきて、親近感が持てました。一緒に働いたら楽しく仕事ができそうだと感じて志望しました。

質問 2 どんな仕事をしていますか?

人事として新卒採用を担当しています。就活サイトを使って学生にオファーを送ることもあれば、オンラインで面談を行うこともあります。「ニュースレター」という広報誌を作るのも大切な仕事です。より親しみやすくしたいと、最近デザインを一新しました。表紙の写真を撮影しに観光地へ出かけたり、美味しいと評判のカフェを取材したり、現場の勉強をしながら記事を書いたりしています。

質問 3 大変なことは何ですか?

仕事の優先順位を付けることが難しいです。自分では後回しにしてもいいと思った仕事に関し、上司から進み具合を確認されることが何度かありました。それからは、業務をいつまで終わらせたらいいか確認しています。周囲のみなさんにもサポートしていただき仕事を進めています。

質問 4 仕事でうれしかったことは?

実家が岩手県の大船渡市で、ここ西郷村とはだいぶ離れていて、就職に親は反対でした。そんな親に仕事の様子を伝えようと広報誌の「ニュースレター」が出来上がるたびに送っています。「今回も良かったね」と親から言ってもらえると、自分もちゃんと仕事できていると自信が湧きます。

質問 5 先輩に言われて心に残る言葉は何ですか?

社長の「やってみなはれ」です。新入社員は自分から動けないものですが、社長の一言で何事にも挑戦する気持ちになります。

About me

マンガ鑑賞が趣味で、休日はマンガを読みふけっています。週末に上手にリフレッシュして、週明けから新鮮な気持ちで仕事に取り組んでいます。

大好きなマンガに囲まれているだけで幸せな気持ちです!

気になるポイントをチェック

  • 健康経営優良法人 認定

    社内に健康器具を設置したり、スポーツジムや食品メーカーと連携して健康セミナーを行ったりしています。健康に関する様々な取り組みが評価され、健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)の上位500法人である「ブライト500」に認定されました。

  • 研修棟

    2021年8月に、会社の敷地内に研修棟が完成しました。若手のうちに安心して学べる環境が整った、未来を担う技術者のための施設です。電気工事に関する一連の流れを教わりながら、現場で生かせる確かな技能を身に付けることができます。

  • 資格取得支援事業

    電気工事に従事するには、国家資格が必要です。社員が地元の工業高校を訪ね、資格取得に向けた支援活動を行っています。高校生のみなさんに、ポイントを分かりやすく教え、質問や疑問にも答えて、資格取得をしっかりとサポートします。

  • 熱中症対策

    建設業の現場では、夏場に熱中症のリスクが高まります。熱中症対策として社員専用の自動販売機を設置しています。また、全社員が「熱中症対策アドバイザー」の養成講座を受講し知識を身に付け、お互いに熱中症にかからないようにしています。